ホーム > 当協会について > 健康経営への取組み

当協会について

健康経営への取組み

 当協会は、「健康経営優良法人2020」に認定されました。これは、今までの従業員と家族の健康を守る取組みが評価されたものです。

1 健康経営宣言

 中部電気保安協会は、経営理念である「私たちは、電気利用に関する幅広いサービスをお届けし、環境にやさしく安心で快適な社会の実現に貢献します」を永続的に行っていくためには、従業員と家族の心身の健康こそが重要であると考え、従業員一人ひとりの健康意識の向上、心身の健康維持・増進に努め、働きやすい職場づくりに取組んでいきます。

2 安全と衛生の管理機構(体制)

 一定の事業場ごとに、安全衛生委員会を設置して安全と衛生管理の基本的事項について、「安全衛生基本計画」を策定。その実施事項・取組みに対して調査・審査し、意見提議するよう体制を整えています。

委員会における調査・審議及び意見提議事項
・安全衛生基本計画策定
・安全衛生基本計画の進捗状況チェック
・安全管理状況の報告と対策
・衛生管理状況の報告と対策
・安全、衛生パトロール
・時間外労働の実施状況の報告と均平化の実施策検討

3 従業員と家族の健康を守る取組み

運動機会の提供やコミュニケーションの促進

 協会大で行う文化体育行事としては、サッカー大会や野球大会を開催しています。

 また、各支店(6支店)では「家族ふれあい広場」の開催など、従業員だけでなく家族とのコミュニケーションを促進する行事も行っています。

サッカー大会
サッカー大会
野球大会
野球大会
家族ふれあい広場
家族ふれあい広場

 運動機会の提供として、「健康づくり(ウォーキング)キャンペーン」を開催しています。鉄道会社や健康保険組合等が主催するイベントへの自主参加(家族を含む)により、その参加回数に応じて褒賞を提供しています。
※2020年度については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各団体が主催するイベントが中止となっています。イベント再開後、本施策を実施する予定です。


食生活の改善と女性特有の疾病等、健康課題に関する対策


 外部(Web)ツールを活用した「健康チャレンジキャンペーン」を開催しています。食生活や女性特有の疾病予防など、健康課題に関わるコースメニューの中から各自が選択して、楽しみながら健康意識の向上を目指す、きっかけの提供に努めています。

”従業員と家族が気軽に、楽しみながら健康意識を高めていけるよう、そのきっかけづくりに努めています。”

従業員と家族の健康を見守る「中部電気保安協会メディカルダイヤル」

 突然の怪我や病気、従業員や家族が抱える健康に関する不安などに対して、迅速に相談できる窓口を開設し、従来のメンタル面に加え、健康・医療面でのサポート体制を充実しました。

疾病の早期発見・早期治療

 健康診断後の結果により、精密検査が必要とされる従業員には、産業医から再検査受診の指導があり、疾病の早期発見・治療を促すことにより、重症化・長期化を防ぐよう努めています。

※2020年度、再検査受診率の目標:100%


特定保健指導対象者に対する健康指導

 健診結果から生活習慣病(メタボリックシンドローム)の発症リスクが高く、改善による予防効果が期待できる従業員に対しては、専門スタッフが生活習慣を見直すサポートを行っています。


保健師による指導

 協会50事業場に保健師が定期的に巡回して、保健指導を実施しています。健診結果に基づくアドバイスや精密検査が必要な従業員に、再検査の必要性などを指導しています。

4 「心の元気」を守るためのメンタルヘルス対策(4つのケアの推進)

セルフケア

 「メンタルヘルスハンドブック」を全従業員へ配布しています。心の病を引き起こすこともあるストレスへの対処法を中心に、"心の元気"を守るために必要な知識を得て、毎日をいきいきと過ごせるよう”心の健康サポーター”として従業員へ活用を促しています。

ラインケア(教育・研修)

 新入会者へは、入会時にメンタルヘルス・セルフケア研修を開催し、ストレスについての正しい知識と対処法を身につけ、自分自身の心と体の健康を、自ら維持できるよう、メンタル疾病の予防を図っています。
 また、新任管理職はメンタル不調を起させない職場づくりと、適切な労務管理が行えるよう外部研修を受講しています。

産業保健スタッフによるケア

 全従業員が1年に1回ストレスチェックの実施により、自身のストレスを知る機会を作っています。また、産業保健スタッフ(産業医・衛生管理者等)によるメンタルヘルスケア体制を整え、従業員の”心の元気”が保たれるよう努めています。

外部カウンセリング窓口によるケア

 従業員の抱える悩みごと全般を相談できる、外部カンセリング窓口を開設し、メンタルヘルス不調を未然に防ぐよう努めています。気分が優れない、やる気がしないといったメンタルヘルスに関することから、職場のことや自身の性格や人間関係、プライベートに関する悩みごとまで、家族(2親等以内)も含めて幅広く相談ができます。